施工事例

【気仙沼】中古住宅リノベーション工事日記

8月1日時点での工事状況です。
床下基礎のベース(床)部分のコンクリート打設が行われました。
作っておいた枠の中に、ポンプを使って丁寧にコンクリートが流し込まれました。
コンクリートを十分に乾燥させます。
次の工程は基礎内部の立ち上がり型枠組みです。
この枠にもこれからコンクリートが流し込まれます。
枠を外すと基礎の高さにあたる部分が完成し、家の間取りが見えてきます。楽しみですね(^^)